カテゴリ:エブルのお道具( 2 )

エブルのお道具2 牛の胆汁

エブルをやるにあたって一番大事なものが 「牛の胆汁」 です。

a0134268_2422242.jpg


みなさん牛の胆汁というと、ものすごく驚かれます。
しかし、この胆汁がないとエブルは出来ません。
牛のほかに、大きな魚の胆汁もきれいに出来るそうです。

胆汁の一番重要な作用は絵の具が水面上で混ざらなくする事です。
胆汁があるため、エブルでは水面上に落とした絵の具同士が混ざらないのです。
また、他にも絵の具を水面上に保ったりなど、さまざまな利点があります。

まさに胆汁なくしてエブルは語れない、この一言に尽きます。

しかし、この胆汁ですが欠点もあります。

欠点は、、、 「とにかく臭い」 

のです。どんな臭いかと申しますと、一言で「トイレ」です。
水洗ではなく、汲み取り式の方です。

初めて臭いを嗅がれた方は、むせます。

しかし、この胆汁、最初は臭くてしょうがないのですが
エブルをやっていくうちにだんだん慣れていき
最後には「ちょっと好きかも?」と思うようになります。
こうなると

「もう、あなたもエブル・ラブですね(笑)エブルの世界にようこそ。」

となるのです^^

[PR]
by ebrujapan | 2009-02-03 02:35 | エブルのお道具

エブルのお道具1 キトレ

エブルのお道具のご紹介です。

エブルをやるめに必要なものは数多くございますが
今回は 『キトレ』 についてご紹介いたします。

a0134268_1805450.jpg


エブルは、別名 「水の上のアート」 とも言われるように
水の上に描く芸術です。

しかし、その水もただの水ではなく
若干ドロドロとしたものであります。

昔はその水の中にある種の植物を
何日か水に寝かせ、その植物からでた成分を使っていました。
現在では主にカラギナンと呼ばれる食品添加物の一種を使っています。
カラギナンはインスタントスープなどに使われています。
見た目は粉末寒天のようですが、
原材料は寒天とは別の種類の海草です。

また、カラギナンの代用品として
コーンスターチや小麦粉を水で溶いて加熱し
スープ状にしたものなども可能です。

ちなみに寒天では代用できませんでした。

[PR]
by ebrujapan | 2009-01-13 17:48 | エブルのお道具

トルコのマーブリング EBRU・エブルアート エブル教室 新宿トルコ文化センター


by ebrujapan
プロフィールを見る
画像一覧