トルコのマーブリング EBRU・エブルアート エブル教室 新宿トルコ文化センター


by ebrujapan

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トルコのエブル作家 4

トルコのエブル作家 その4です。

今回はİbrahim Ethem Efendi (イブラヒム エトヘム エフェンディ)<1829-1904>です。

a0134268_1328111.jpg


1829年、トルコで生まれました。
トルコ語、アラビア語、ペルシャ語に長けそれぞれの言語で
すばらしい詩や小説などの文章を書くことが出来ました。
また、長年HAT(アラビア語書道)にも興味があり
書道家Çarşambalı Arif Bey(チャルシャンバル アリフ氏)から
書道のいろはを学び、書道家としての免許状を受けられました。
エブルは彼の父親から学んだとされています。
1904年1月8日に亡くなられました。


a0134268_13283762.jpg

[PR]
by ebrujapan | 2010-03-13 13:07 | トルコのエブル作家
きれいなエブルのデモンストレーションの映像がありましたのでご紹介いたします。

水の上に描かれる様子が美しく表現されています。





[PR]
by ebrujapan | 2010-03-12 09:34

トルコのエブル作家 3

トルコのエブル作家 その3です。

今回はHatip Mehmet Efendi (ハティプ メフメット エフェンディ)<-1773> です。

彼の写真自体はないのですが、彼の名は
エブルの種類の1つである、HATIPエブルの名前で残っています。

Hatip Mehmet Efendi の Hatipとは、
イスラムの説教者・講師のような意味あいがあります。
実際、彼自身もイスタンブールにあるアヤソフィアジャーミー(現在は博物館となっております)においてHatip、説教者・講師として働きながらエブルをしていました。

1773年にホジャパシャにある自宅での火事により亡くなられました。

写真はHatipエブルです。



a0134268_2205880.jpg
a0134268_2211411.jpg

[PR]
by ebrujapan | 2010-03-10 22:01 | トルコのエブル作家

トルコのエブル作家 2

トルコのエブル作家その2です。

Yılmaz Eneş(ユルマズ エネシュ)氏<1960-> 
この方は薔薇のエブルで一躍有名になりました。
別名ギュルババ(バラの父)ともよばれています。
今現在もイスタンブール・キュチュクアヤソフィアのそばにアトリエを構え
多くのお弟子さんたちと共に創作活動に励んでいらっしゃいます。

特にこの作家の書かれる花のエブルは美しく
何度かトルコでのコンテストで入賞されています。
また積極的に展覧会などにも参加されている方でもあります。



トルコ語ですが、エブルにおける心構えなどをお話されています。


[PR]
by ebrujapan | 2010-03-10 02:23 | トルコのエブル作家

トルコのエブル作家 1

今回はいくつかのエブル作家の映像をご紹介させていただきます。

まずはじめはこの方。

エブル作家はトルコに沢山いらっしゃいますが
その作家さん達の大元の先生という方がいらっしゃいます。

トルコでエブルを学ぶときは、一人の作家に弟子入りする必要が出てきます。
この方は今現在トルコにいる作家さんの先生の先生の・・・・・・
というようにルーツをたどっていくと殆どがたどり着く方でもあります。

彼の名は Mustafa Düzgünman (ムスタファ ドゥズギュンマン)<1920-1990>
花のエブルのなかの一つ、パパティアエブルでも有名です。




[PR]
by ebrujapan | 2010-03-10 02:08 | トルコのエブル作家